スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年への思い

窃盗で逮捕された20代のホームレスの情状証人のため法廷に立ちました。


理由は、犯行の前日就労相談を受けた時に ホームレス自立支援施設ひびきが定員オーバーで、入所には最短1週間必要で待ってもらうことにしたのですが、


あのとき、無理してでも入所させてれば・・・・


そう思う気持ちと、彼の生育歴です。


少し障がいがある彼は自分の気持ちをコントロールできず、幼い頃より暴れたりしてました。


生活保護を受けてる両親は、そんな彼に治療をうけさせず、父親が暴力で抑えつけていました。


中学生になった彼は精神安定剤を服用するようになりました。


中学を卒業し働き始めましたが、病気のせいで長続きず、荒れて暴力事件を起こし少年院に入ったこともあります。

親からサラ金に借金をさせられたたことも。


前回逮捕された時に母親が面会に訪れ、親子の縁を切られたそうです。


手紙を書いても手紙は返ってきました。



今年の3月に彼は 約2万円を持って出所しました。


出所前、更生保護施設などは満員で断られ、両親の元に帰ると言うしかなく、2万円から切符を買わされ、残りの3千円をポケットに汽車に乗りました。



両親から拒否されている故郷に帰っても仕方がない。


そう思った彼は岡山で途中下車し、切符を換金し、僅かなお金を節約しながらハローワークに通って仕事を探しましたが、携帯も身分証もない彼を雇ってくれる企業はありませんでした。


幼い頃より暴力を受け続け、兄と弟が父親の命令で、監視役になり学校帰りに寄り道したら、殴られる。


成人してからは、土木会社で働いても給料は取り上げられたり、借金させられたり。


そんな人生をすごした彼に、きちんと治療をうけてもらい、彼を理解し温かく見守り、時には立ち直って欲しいと叱る人達のなかで、生きて欲しいという思いから証人台に立ったのです。。


未だ20代です


育てなおしが十分間に合う年齢ではないでしょうか。



頑爺
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

きずな事務局

Author:きずな事務局
 「岡山・野宿生活者を支える会」は2002年12月より「岡山の野宿生活者の冬を支える会」として、市内キリスト教会のメンバーが中心になり活動を開始しました。
 現在は、週に一度の炊き出しを基本にしながら、日中の市内巡回や夜回りを行い、出会いの場を広げ、自立支援にも力を注いでいます。
 また、行政、医療、司法、福祉専門職との協働による法律・生活相談等、各専門分野の方々との連携によって総合的な自立支援を行えるような体制が整ってきました。
 2009年12月からは、岡山市からホームレス対策事業の委託を受け、岡山市内で就労自立へ向けた施設を運営しています。
 また、NPO法人格を取得し2011年12月28日よりNPO法人「岡山・ホームレス支援きずな」として法人としての活動を開始しました。

<お問い合わせ>
〒700-0821
岡山市北区中山下1-5-25 
(公益財団法人YMCAせとうち 内)
電話:086-221-2822

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。