スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「兄貴」と呼ばれるホームレスの人

「兄貴」と呼ばれるホームレスの人がいます。

痩せている彼は、よくタップダンスみたいな素振りをしています。


最初は踊ってると思ってたのですが・・・。

実は、両足に大きな魚の目と、ひび割れ、水虫などがありました。

彼は痛くて痒い為に、タップダンス踊っているように見えてた事が分かりました。



先日の夜回りでそんな彼の足に、指で薬を塗るとき、躊躇している自分がいました。

臭いと、カビが生えたような足に指で薬を塗っていく・・・・


僕は終わった後、直ぐにトイレで、備え付けの石鹸で手を洗いました。


そして・・・


どうして、手を洗ってるんだろう、何故、石鹸をつけてまで・・・・


手を洗うのは当然かもかも知れないけど、躊躇した自分が心のどこかで恥ずかしく、
情けない思いで心が締め付けられました。


兄貴は、心の病の為に「痛い」と上手く訴える事が出来きません。

時には心ない悪戯を受け、野宿生活をしています。


『奏』で炊き出しが出来るようになり、奏でまで来られない心の病を持った人たちや、
高齢者の元に食事を運べるようになりました。


訴えることの出来ない野宿生活者に接する度に、自分の浅はかさを思い知らされます。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

きずな事務局

Author:きずな事務局
 「岡山・野宿生活者を支える会」は2002年12月より「岡山の野宿生活者の冬を支える会」として、市内キリスト教会のメンバーが中心になり活動を開始しました。
 現在は、週に一度の炊き出しを基本にしながら、日中の市内巡回や夜回りを行い、出会いの場を広げ、自立支援にも力を注いでいます。
 また、行政、医療、司法、福祉専門職との協働による法律・生活相談等、各専門分野の方々との連携によって総合的な自立支援を行えるような体制が整ってきました。
 2009年12月からは、岡山市からホームレス対策事業の委託を受け、岡山市内で就労自立へ向けた施設を運営しています。
 また、NPO法人格を取得し2011年12月28日よりNPO法人「岡山・ホームレス支援きずな」として法人としての活動を開始しました。

<お問い合わせ>
〒700-0821
岡山市北区中山下1-5-25 
(公益財団法人YMCAせとうち 内)
電話:086-221-2822

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。