スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始炊き出し活動を終えて

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願いいたします。

私たちは、昨年12月28日~今年1月3日まで、毎日炊き出し活動を実施しました。

7日間まとめたものですが、簡単に報告させていただきます。


12月28日(土) カレーライス、サラダ、フルーツヨーグルト…28名の参加。日本イエス・キリスト教団岡南教会のみなさまがカレーを作ってくださいました。また、この炊き出しに先立って街頭募金活動があり、34,584円集まりました。

PC280047.jpg

12月29日(日) カレーライス、サラダ…37名の参加。赤磐市や備前市、瀬戸内市の方々が大勢ボランティアに参加してくださいました。

12月30日(月) カレーライス、サラダ…29名の参加。南輝聖約キリスト教会のみなさまがカレーを作ってくださいました。

12月31日(火) 年越しそば、みそおでん…31名の参加。この日の夜は0時過ぎまで奏を開け、年越しをゆっくりと迎えました。

1月1日(水) 年明けうどん、おせち…26名の参加。うどんは美作市の有志の方の手打ちです! そしておせちはボランティア有志による手作りです。

20131231_142540.jpg

1月2日(木) うどん鍋…31名の参加。

1月3日(金) カレーライス、スープ…参加者数確認できず。カトリック水島教会のみなさまがカレーを作ってくださいました。

この年末年始の期間中、炊き出しについての記事が山陽新聞さんに掲載されたこともあり、非常に多くの方にこの活動を知っていただけたとともに、たくさんのご寄付をいただくことができました。

お米や野菜やカップめんといった食料品、冬物衣類、カイロなど、この冬季の活動に必要なものばかり。

今年度は昨年度までいただけていた助成金が受けられなくなるなど、運営に頭を悩ませていた中でもありました。

本当に助かりました。

新聞記事やこのブログを見てご寄付をくださった方々、ボランティアに来てくださった方々に、この場を借りて改めてお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

illust2112.png

12月8日炊き出し報告

12月に入りました。いよいよ冬本番ですね。

わたしたちの団体では、冬季はさまざまな団体さんと協力しながら炊き出しをおこないます。

「きずな」は、野宿での凍死者を出さずに冬を乗り越えようと、キリスト教教会のメンバーが集まり当事者への食事提供を始めたのがそもそもの始まりです。

冬季炊き出しに力が入っているのは、このためです。


この日は、カトリック岡山教会の方々が参加してくださってのカレー作りです。

PC080067.jpg

具だくさんの、おいしいカレーになりました。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

年中いつでも人気のカレーですが、特に冬場は定番かつ「鉄板」のメニューになります。

今シーズンの冬も、カレーで乗り切っていきましょう!

11月24日 炊き出し報告

P1010032.jpg

この日のメニューは
・ごはん
・肉じゃが
・みそ汁
・ふかし芋
・白菜とリンゴのサラダ
 です☆


この日は、当事者の方の寒さ対策について聞くことができました。


「ダンボールだけでなく、その内側にプチプチ(緩衝シート)を巻くと暖かい。だけど、暖かくなりすぎることで蒸れることもある。そのため体を冷やしてしまう原因になることもあるよ。」

「ひざかけは足の冷え対策に重宝している。持ち運びにも便利だし、とにかく1枚あれば何でも使える。」

「エアコンの暖気がまだ残っている時間とそれが消えてしまって冷え切っている時間では、掛け物や服、休む場所を変えるんだ。」などなど・・・


皆さん、様々な工夫をして、この季節を乗り切ろうとしているようです。


「カイロはまだいらないかな」と1人の方が言われていましたが、今週からまた一段と寒さが厳しくなるそうです。

当事者の方々が風邪等の病気を拗らせることがないように、これからも暖かいご飯やカイロや毛布等の備品を提供していきたいと思います。

11月3日炊き出し報告

この日の炊き出しには、28名の仲間が参加しました。

特に今回は、倉敷の茶屋町復活教会の3名が、日用品などのご寄付を持って駆けつけてくださいました。

冬物衣料や、みそ、ひげそりやトイレットペーパーに至るまで、どれも必要なものばかり。

ボランティアまでしていただき、どうもありがとうございました。

131103_1736~01

メニューは、具だくさんの和風汁物、かぼちゃの煮つけ、レタスサラダ、そしてデザートにキウイフルーツがつきました。

とても豪華な食事です。

でも今回の食材のほとんどは、フードバンクを通じて提供されたもので、実際の費用はかなり安く抑えられています。

このフードバンクには、本当にいつも助けられています。


この日はちょうどプロ野球の日本シリーズ最終戦で、食事を終えたみなさんは、ラジオ中継に聞き入りながら一喜一憂していました。
一番騒いでいたのは私かもしれませんが……。


楽しく、和やかに食事ができる。


この「奏」がある限り、そんな場づくりを心がけていきたいものです。

10月27日炊き出し報告

久々の報告になります。

炊き出しは毎週欠かさずやっているのですが……(汗)

夜はすっかり寒くなってきているので、みなさんひっきりなしに防寒着を求めてこられます。

野宿をしていると布団はどうしても荷物になってしまうので、服を着こんで夜の寒さをしのぐという方が多いです。

衣類(特に男物、着込むので大きいサイズのもの)は品薄状態です。

みなさまのご協力をいただければ幸いです。



炊き出し後は、岡山市保健所の協力で健康相談がおこなわれました。

PA270046.jpg

岡山市保健所による健康相談は例年、秋から冬に移っていくこの時期におこなわれます。

朝夕の寒暖の差が大きく、体調を崩しやすい時季ですので、とても心強いです。

この日も血圧が高い人や、定期的な通院がしばらくできていなかった人が相談をされていました。

岡山市保健所のみなさま、ありがとうございました。


みなさまも、くれぐれも体調にはお気をつけください。
プロフィール

きずな事務局

Author:きずな事務局
 「岡山・野宿生活者を支える会」は2002年12月より「岡山の野宿生活者の冬を支える会」として、市内キリスト教会のメンバーが中心になり活動を開始しました。
 現在は、週に一度の炊き出しを基本にしながら、日中の市内巡回や夜回りを行い、出会いの場を広げ、自立支援にも力を注いでいます。
 また、行政、医療、司法、福祉専門職との協働による法律・生活相談等、各専門分野の方々との連携によって総合的な自立支援を行えるような体制が整ってきました。
 2009年12月からは、岡山市からホームレス対策事業の委託を受け、岡山市内で就労自立へ向けた施設を運営しています。
 また、NPO法人格を取得し2011年12月28日よりNPO法人「岡山・ホームレス支援きずな」として法人としての活動を開始しました。

<お問い合わせ>
〒700-0821
岡山市北区中山下1-5-25 
(公益財団法人YMCAせとうち 内)
電話:086-221-2822

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。