スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年への思い

窃盗で逮捕された20代のホームレスの情状証人のため法廷に立ちました。


理由は、犯行の前日就労相談を受けた時に ホームレス自立支援施設ひびきが定員オーバーで、入所には最短1週間必要で待ってもらうことにしたのですが、


あのとき、無理してでも入所させてれば・・・・


そう思う気持ちと、彼の生育歴です。


少し障がいがある彼は自分の気持ちをコントロールできず、幼い頃より暴れたりしてました。


生活保護を受けてる両親は、そんな彼に治療をうけさせず、父親が暴力で抑えつけていました。


中学生になった彼は精神安定剤を服用するようになりました。


中学を卒業し働き始めましたが、病気のせいで長続きず、荒れて暴力事件を起こし少年院に入ったこともあります。

親からサラ金に借金をさせられたたことも。


前回逮捕された時に母親が面会に訪れ、親子の縁を切られたそうです。


手紙を書いても手紙は返ってきました。



今年の3月に彼は 約2万円を持って出所しました。


出所前、更生保護施設などは満員で断られ、両親の元に帰ると言うしかなく、2万円から切符を買わされ、残りの3千円をポケットに汽車に乗りました。



両親から拒否されている故郷に帰っても仕方がない。


そう思った彼は岡山で途中下車し、切符を換金し、僅かなお金を節約しながらハローワークに通って仕事を探しましたが、携帯も身分証もない彼を雇ってくれる企業はありませんでした。


幼い頃より暴力を受け続け、兄と弟が父親の命令で、監視役になり学校帰りに寄り道したら、殴られる。


成人してからは、土木会社で働いても給料は取り上げられたり、借金させられたり。


そんな人生をすごした彼に、きちんと治療をうけてもらい、彼を理解し温かく見守り、時には立ち直って欲しいと叱る人達のなかで、生きて欲しいという思いから証人台に立ったのです。。


未だ20代です


育てなおしが十分間に合う年齢ではないでしょうか。



頑爺

山谷を訪ねて

皆さん 東京の山谷をご存知ですか?


年輩の方は 岡林 信康さんの山谷ブルースを思いだす方も多いのではないでしょうか。


日本の高度成長期にビルや道路の工事を担った「人夫、土工」の人たちが大勢いた町です。

IMG_6805.jpg

写真は山谷で一番古い宿で、6人部屋で1泊800円です。


周りの宿は、冷暖房完備、テレビ付き個室で1泊2200円が相場です。


何故 2200円か、お分かりになりますか?



答えは東京の、ひと月の生活保護の家賃と光熱費を合わせた基準が6万位円だからです。


今はその安さに外国のバックパッカーなどが利用したりしています。


ここは漫画「あしたのジョー」のモデルになった町でもあり、商店街にはジョーの垂れ幕などがあります。


ここの商店街には屋根があるので、シャッターが閉まりだすと、ぽつぽつとホームレスの人たちが集まり、深夜にはかなりの数になり、段ボールなどで寒さから身を守り寝ています。


いつになったら


僕たちの働きが要らない社会になるんでしょうか。


この周りのコンビニは、トイレを貸してくれません。

トイレがないコンビニもありました。


淋しい気持ちになりました。


頑爺

家族

IMG_5149.jpg


写真は 銀座のホームレスです。



銀座大通りの1つ裏通りにポッカリ空いたコインパークに、彼は 背中を丸めて座り込み 優しい顔で猫と話をしていました。



たまに立っては その辺を一周してきて 又 座り込む 猫が周りをうろうろしている。



横を銀座の綺麗どころが、出勤していく。



周りの人達には彼は見えていないようです。


彼は裸足でした。



岡山も そうですが、ホームレスの人で犬や猫を家族のように思い生活している人は少なくありません。


以前 ここで『そら』という犬を紹介しましたが、そらも 大切な家族で、年金で生活できるようになった時に そらと一緒に生活できる家が見つかる数ヵ月 野宿しながら待ってありました。


又 別のホームレスの方の犬は、かなり凶暴なので一緒に住める家が見つからず 今でも 野宿生活されています。



孤独ほど辛いものはないと幾人もの人が訴えてます。



人と関わる事が難しそうな銀座の彼は 家族として猫を迎え入れたのでしょう。


華やかな銀座の1つ裏通りに 何でこんな空き地があるのか不思議な場所に
彼と彼の家族は 誰にも構われることもなく 生きていました。

地域の支え

IMG_3227.jpg



地域の皆さまからの情報で、私たちが知らないホームレスの方を知ることができました。



彼は、長い間ホームレス生活をされ、今年60歳になるのに住所がないために貰える筈の年金を諦めていました。



病気や失業などから、いつの間にか相談する人がいなくなる。


そして、諦める。


今回のように、押し付けではない、見守るように支え続けてくださた方々の温かさが彼の心を開き、今回の相談に繋がりました。



地域の温かい支えが、長い間、彼の命を支えてくれました。


地域の支える力が弱くなったと言われていますが、見かけだけで判断せず誰の命も同じと命を大切に思ってくださる方々に心から感謝致します。

生きる知恵

皆さんは自販機の下に転げ落ちた硬貨をどうやって拾われますか?

あれって、奥深く入ったりしたら拾えませんよね。

悔しい思いで諦めた方も少なくないと思います。


アルミ缶回収が出来ない、体の弱いホームレスの人が考えたのがこの方法でした。

IMG_5073.jpg

百均でスティール製のボタン1つでシュルシュルと戻るメジャースケールを買ってきて、自販機の下に落ちているコインに引っ掛け、ボタンを押せば効率的に回収出来る事を思い付いたのです。


その彼は市内の自販機を定期的に回り、それを生業としていました。

しかし不景気なのか、数年前からは回収量も少なくなったそうです。

不景気と苦肉の策に何か複雑な思いでした。
プロフィール

きずな事務局

Author:きずな事務局
 「岡山・野宿生活者を支える会」は2002年12月より「岡山の野宿生活者の冬を支える会」として、市内キリスト教会のメンバーが中心になり活動を開始しました。
 現在は、週に一度の炊き出しを基本にしながら、日中の市内巡回や夜回りを行い、出会いの場を広げ、自立支援にも力を注いでいます。
 また、行政、医療、司法、福祉専門職との協働による法律・生活相談等、各専門分野の方々との連携によって総合的な自立支援を行えるような体制が整ってきました。
 2009年12月からは、岡山市からホームレス対策事業の委託を受け、岡山市内で就労自立へ向けた施設を運営しています。
 また、NPO法人格を取得し2011年12月28日よりNPO法人「岡山・ホームレス支援きずな」として法人としての活動を開始しました。

<お問い合わせ>
〒700-0821
岡山市北区中山下1-5-25 
(公益財団法人YMCAせとうち 内)
電話:086-221-2822

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。